ニーズは高まる

運転免許試験とそれに伴う運転免許の取得、そのニーズはこれからも高いままでしょう。私達の生活から完全に車の必要性がなくなれば別ですが、今の段階ではそういった点は考えられません。生活に寄り添っている自動車という存在だからこそ、私たちはそれを可能な限り安全に乗りこなしたい、と思うことでしょう。そのためには、より良い意味で、『運転に慣れる』、と言うことが必要かもしれません。『良い意味で』というのは、ただ自分の利便性のことだけを考えて運転をホイール行うのではなく、より他人のことも考えた、本当の意味での「安全」を体現できるような運転を行えるようになる、そしてその必要性がある、ということです。そして、そのためには自動車学校で学習したことを、実際に路上で運転を始めた時にも、行えるようにならなければならない、ということです。それができて初めて、免許取得のために費やした時間が無駄ではない、と言えるでしょう。

短期集中、それが学習と試験にとってとても重要であることは言うまでもありません。ですがそれを実現するための環境が整っていないこともあります。そこで、『合宿免許』を利用することができるなら、それを達成できる可能性も高くなるでしょう。

また、合宿免許は通学よりも費用が抑えられるというメリットもあります。追加教習の保証もついている場合があるので、学生などの利用が多いです。